資金計画

家づくりに大切な資金計画。

予算まずは、ご自身の総予算を分かっておくことが重要です。
家づくりをするとき、ほとんどの方が住宅ローンを組みますので
総予算=自己資金+借入額となります。

借入額を考えるときにベースとなるのは、返済額です。
年間の返済限度額は、年収×35%で計算されますので、月の返済限度額は、年収×35%÷12となります。

ここで注意することは、返済限度額=実際の返済額ではないということです。
今だけでなく、将来のライフサイクルも考えて、実際の毎月返済額、またボーナス併用にするかなどを決めることが大切です。

 

夢のマイホームに住んでから、お金のことで不安にならないように無理のない住宅ローンを組みましょう。
家づくりの必要資金には、建物価格の他に、外構価格、土地代金、登記代や火災保険料などの諸費用があります。

久徳建設は完全注文住宅なので、オプション工事はありません。
建物価格の中には、設計料、給排水工事、照明工事、地盤調査、仮設工事、瑕疵担保保険申請料などが含まれます。
お建てになったあと、すぐに生活できる状態での建物価格の見積もりを提出させていただきます。

お客様により家づくりの必要資金は異なります。また、銀行により金利や借入条件は異なります。
お客様に合わせた資金計画書を作成いたしますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ