使い方は無限大!膜構造物(フレックスハウス)

久徳建設でフレックスハウス取り扱い始めました!!!

膜構造物(フレックスハウス)導入のメリットは安さだけではありません。
膜構造物(フレックスハウス)導入には他にも様々なメリットがあります。

2

メリット1:建築費40%削減
合理的な構造と軽量な素材構成と基礎工事のボリュームの低減、さらにはシステム化された設計と専門部隊による高い施工技術が建設コストの削減を実現します。
軽量な素材構成は、杭工事が不要でありながら耐震性の強い造りを実現できます。

メリット2:在来工法と比べて工期66%短縮
ボリュームの低減が図られた基礎工事とボルトオンフレームのシステム化された本体工事により、大幅な工期の短縮が実現できます。

メリット3:LCCO₂排出量削減
在来の工法にくらべ、[建設 ~ 運用 ~ 解体]の全てにおいて大幅にLCCO₂排出量削減が可能で、サステナビリティに貢献。特にテント屋根の太陽光透過による室内照明の削減は、ランニングコストの低減も図れます。
また、躯体が軽いため、大きな開口部を取りやすく、昼間は照明が不要で消費電力を節約できます。

 

詳しくはこちら
slide_5_text

ページトップへ