ファームポンド敷地造成工事

九州農政局曽於農業水利事務所の事業計画、ファームポンド敷地造成工事です。
曽於南部畑かん(担い手育成)に伴う事業で、いつでも畑に水が使用できるように水を溜めておくタンクを設置する前の造成及び管理道路工事です。
法面に、一部ボラ層(軽石からなる地層)があり、現場打ち法枠併用でロックボルト打込み工法を用いています。
掘削運搬工/11,040㎥   法面保護工/1,100㎡   道路工/148m 

ページトップへ